ゲームを作り楽しむ

ここ数年、ゲーム作りをしています。

Unityという個人で一定額のゲームで稼いだ収入がなければ無料で使えるゲームエンジンを使っており、日々それで色々試して理想のゲームを模索しています。

でも飽きっぽいので少し作っては新たに作って、を繰り返しているため大したゲームは作れていません。

TwitterなどのSNSや動画サイトではじっくりとひとつの作品を何年にも渡って作り続け、そして中々他の人が真似できないような作品を作っている方を見ると自分は一体何をやっているのかと思います。

でもどうしても自分は飽きっぽくすぐ他のことがやりたくなる人間で、それを変えることができないことを痛感しているのでしょうがないと割り切ることにしました。

作ったスクリプトやノウハウは後で使い回せるようにブログに記録しており、その記事を貯めることで他の人が真似できないようなものを作れるようになりたいと思っています。

そして今年からは3Dモデリングを始めました。

Blenderという無料で使えるソフトを使っており、それでアニメっぽいキャラクターを作る教本を参考に学び、現在はオリジナルキャラクターを作ろうと考えています。

Blenderで作ったものはUnityでも使えるようにすることができ、Unityにはアセットストアというゲームの素材を売買できるネットショップがあるのでそれで作ったものを売りたいと考えてもいるのでした。

でもやっぱり一番やりたいのは自分の作ったゲームをSteamなどのパソコンゲームのネットショップで販売することで、一体どんなゲームを作ればいいのかと日々考えています。

単に面白いゲームを作ろうとすると大手のゲームには勝てません。

オリジナリティとプレイヤーの心の琴線に触れるような要素がないとダメだなと思い悩んでいます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です